【2-5月目】ブログ作成

ライティングスキルUPの秘訣②人の欲求を刺激する禁断のコピーライティング【GDTの法則】

こんにちは!
心配性ママHARUです!

スクール生HARU
スクール生HARU
WEBマーケティングスクール・キークエストで1年間
副収入と1万人フォロワーアカウント作成スキル獲得のため勉強しています!

 

今回は、ライティングスキルUPの秘訣②
人の欲求を刺激する禁断のコピーライティング【GDTの法則】について解説します。

 

この【GDTの法則】タイトルから危険な香りがしますが…

実際、悪用するととても危険なものです!

 

是非、良いサービスや商品に使ってくださいね。
それでは早速みていきましょう!

 

本記事はこのような方におススメです!
  • GDTの法則をについて知りたい
  • 感情を揺さぶるコピーライティングを書けるようになりたい
  • ライティングスキルをUPさせたい

 

人の欲求を刺激する【GDTの法則】とは

【GDTの法則】では人間が持つ欲求を大きく下の3つに分け、これらの欲求を段階別に表しています。
欲求の度合いは下にいくほど強力になり、G<D<Tの順となります。

GDTの法則
  • Goal(目標):人は時間をかけず、努力せず、お金をかけず楽に物事を達成したい
  • Desire(欲望):Gより強い欲求。時間やお金をかけても、富・愛・快適を求める
  • Teaser(本性):GDを超えてさらに希少性が高いものや好奇心をくすぐるものを求める

 

KUMA先生
KUMA先生
GDTはこの3つの頭文字から成り立っているんだね。

 

【GDTの法則】は、著名なコピーライターであるマイケル・フォーティン氏が考案したコピーライティングのテクニックの1つで、正式名称は「3×3ヘッドラインルール」と言います。G・D・Tと大きく分けた3つの欲求それぞれに3つの要素が含まれています。

 

人の欲求を刺激する【GDTの法則】:9つの欲求

人間の欲求には強さの段階があります。
段階別の欲求を知ることで、効果的に欲求を刺激できるようになります。

そのため、文章をG<D<Tの強さを取り入れて作ることで、読み手の感情を大きく動かすことができます。

詳しい説明と例文を見ていきましょう。

 

Goal(目標):楽をして達成したい3つの欲求

贅沢な望みですが、人は叶うものなら、なるべく時間もお金もかけず、簡単に物事を達成したいものです。

寝ている間に英語が覚えられるとか、寝ているだけで痩せられるなど、本当にあるのなら使ってみたいと思うのではないでしょうか。
私もドラえもんが実在したらいいなと何度考えたことか…

3つの中では1番弱い理性に近い欲求ですが、Goal(目標)をくすぐる文章に、人は「楽をして成功したい」という欲求を刺激されます。

 

Save Time:時間をかけたくない

なるべく時間をかけず、最短で目標を達成したい欲求です。
現代人は忙しく、すぐに結果を求めがちで短期間で成果が出るものを求める傾向にあります。

 

 

Save Effort:努力をしたくない

「ちょっとも動かず努力せず、楽な方に流されて物事を達成できたらいいな」
という欲求を刺激します。

ベットの周りにお菓子や飲み物を揃えてぐうたらしてビデオを見ながら目標を達成できたら…そんなことはある訳がないのですが、発信されるワードに気になってしまいがちなものです。

 

Save Moey:お金をかけたくない

労力の対価として得たお金は財産です。
手元にあるお金を無駄に減らしたくはありませんし、同じサービス同じ商品であれば安価な方を選びたいと望みます。

損をしたくない欲求を刺激すると「これが自分のための解決策かもしれない!」と感じさせることができます。

 

初回500円で…お金をかけない
飲むだけで…時間も努力もなし
痩せるサプリ…結果が手に入る

おなじみのフレーズですが、それらしい説明と一緒にこんなコピーライティングを見たら「そんなわけない」と思いながらも試しに「注文」してまう人は多いのです。

 

Desire(欲望):時間やお金をかけても欲しい3つの欲求

Goal(目標)の楽に物事を達成したいと望む反面
人は「富・名誉・承認・愛・性欲・快適さ」を得られるのであれば、時間やお金をかけてもこれらの欲求を満たしたいと考えます。

全ての人に当てはまりませんが、Goal(目標)で500円を使うことに迷っても、モテたい欲求から1万円払っても異性のいるお店に行って満たされたいのです。

感情を揺さぶる度合いはGoal(目標)より強く、本能に近い欲求になります。

 

Greed:富や名誉・承認が欲しい

人は承認欲求を持つ生き物です。
賞賛され、社会的に認められたいという欲求を本能的に持っています。

現代では、命に関わるような衣食住に困ることはなくなり、基本的な欲求は満たされています。
また、ネットの普及によって自分を見てほしい・認められたい対象が世界に広がりました。SNSでのいいねの承認欲求に突き動かされて、時間とお金をかけても遠くの映えるスポットまで行くのです。

 

Lust:愛されたい 性欲を満たしたい

愛されたい、モテたい、格好よくなりたいという欲求は、単に自意識の問題だけでなく、生存本能に関わるところでもあります。
本能的なこの欲求を掻き立てられると、強く感情を揺さぶられます。

 

Comfort:快適な状態でいたい

人は、苦痛から解放され、不安や恐れを感じず悩みのない状態でありたいと願っています。
将来考えられる病気やケガやお金の不安もここに当てはまります。

 

スクール生HARU
スクール生HARU
特に子どもは感性がやわらかく素直です。
文章だけでなく、会話でも「かっこいいよ」「かわいいね」「大事だよ」と伝えることで、やる気やモチベーションがUPします!

 

Teaser(本性):逃れられない3つの欲求

人間として生まれた以上Teaser(本性)の欲求に逆らうことが難しいほど、本能的で1番強い欲求とされています。

Teaser(本性)の欲求をくすぐると衝動的にアクションを起こしやすくなるため、行動を促したいときに効果的です。

Scarcity:希少性のあるものが気になる

人は期間限定や数量限定など、限定されたものに魅力を感じます。
普段手に入らないと思うものに希少価値を感じ、手に入れることで優越感を感じます。

 

Curiousty:好奇心を搔き立てられるものが気になる

人はギャップのある意外性から好奇心をそそられるものが気になってしまいます。

 

Controvesy:反社会性、論争を巻き起こす発言が気になる

「やってはいけない」「見てはいけない」と言われると、人は逆らいたくなる生き物です。

賛同するかは別として、世間の常識から外れたものや自分の常識にない過激なものに強い関心を示します。

YouTubeのサムネイルやネットニュースなど、過激なタイトルに惹かれクリックしてしまう人が大勢いるからこそ、閲覧数や再生回数が回っているものが沢山あります。

スクール生HARU
スクール生HARU
校則に反発して違反したり、中学生からタバコを吸ってみたりするのも「Teaser(本性)」が関係しています。
「カリギュラ効果」という言葉があるくらい、ダメと言われるとみたりやってみたりしたくなるのは人間の本能なんですね。

 

 

Teaser(本性)に訴える文章では、煽りが過ぎるとターゲットに違和感を与えるだけでなく、社会からも不信感を持たれる可能性が高くなります。
不必要に面白がって煽る文章や動画もありますが、人を不快にさせたり空回りしたりしないよう注意が必要です。

 

人の欲求を刺激するコピーライティングのメリット

【QUESTフォーミュラ】の“Q”の部分に使うと強い効果を発揮する

【GDTの法則】を使ったコピーライティングは、黄金の法則である【QUESTフォーミュラ】の冒頭部分である“Q(興味付け)”に利用することで、ターゲットの関心を強く引く付けることができます。

コピーライティングやブログで文章を作るときには、タイトルや見出しに活用してみましょう。

魅力的なタイトルや見出しを作れるようになることで、発信したい情報を最後まで読んでもらえるようになっていきます。

【QUESTフォーミュラ】については別の記事で解説しているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

ライティングスキルUPの秘訣①悪用禁止!コピーライティングの超基礎 どんなものでも売れる黄金の法則【QUESTフォーミュラ】こんにちは! 心配性ママHARUです! 今回は、ライティングスキルUPの秘訣① どんなものでも売れるコピーライ...

 

顧客として賢くサービスや商品を選ぶことができる

人を騙す人間は、G・D・Tの9つの人間の欲求を良く分かっています。
美容、恋愛、ダイエット、病気などあらゆる詐欺を働こうとする人は、【GDPの法則】を使い人間の欲求をくすぐることで騙される人がいることを知っています。

【GDTの法則】はサービスや商品が良いものでなくとも、文章によって感情を揺さぶり購買意欲を掻き立てることができるため、悪用されることも少なくありません。

法則の原理を知り、コピーライティングだけでなくサービスや商品の内容をよく見て信用できるものを賢く利用できるようになりましょう。

 

 さいごに

いかがだったでしょうか。

【GDTの法則】は人間の欲求をくすぐり行動に駆り立てるコピーライティングの法則です。G<D<Tの順に欲求は強くなり、本能に働きかけて感情を揺さぶりアクションを起こしやすくなります。

会話の中でも【GDTの法則】は役立つことが多くあります。
実際使ってみると効果が分かりより理解が深まりますよ。

この記事を読んでくださった皆さんは、悪用せず、この禁断の法則を良いサービスや商品に利用してくださいね。

 

HAPPY BIRD
HAPPY BIRD
いつもお疲れ様です。