【1月目】重要基礎項目

【WEBマーケ初学者向け】 初心者ブロガーに最適なWordPressテーマ【JIN】の特徴を分かりやすく解説

こんにちは!
心配性ママHARUです。

スクール生HARU
スクール生HARU
WEBマーケティングスクール・キークエストで1年間
副収入と1万人フォロワーアカウント作成スキル獲得のため勉強しています!

 

今回は、WordPressの有料テーマである【JIN(ジン)】ついてお伝えします!

 

WordPressのテーマとは、サイトやブログをつくるときにデザインや機能を決める「テンプレート」のことです。
テーマを使わずにサイトを構築するにはプログラミングスキルやSEO(検索エンジン最適化)、商取引などに関する様々な知識が必要となります。

WEB学習の初心者が、WordPressでHTMLやCSSを勉強しながらサイトを構築していくのはかなり難しいのが実情です。
テーマを利用することにより、直感的にサイトを作ることができるのですが
WordPressの有料テーマは試用ができません。
超初心者がいきなり有料テーマを購入するのは勇気がいるかもしれません。
【JIN】を検討されている方は、是非この記事を参考にしてみてください。

 

WEBマーケティングスクールでは、スキルゼロの初心者がブログに集中して取り組めるようにカリキュラムが考え尽くされており、WEBサイト作成時に案内されたテーマが【JIN】でした。

はじめは他のテーマを見る余裕もありませんでしたが、WEBサイトを触っていくうちに、他のテーマと【JIN】の違いにも目がいくようになり、比較することにより【JIN】の特徴も解ってきたところです。

  • WordPressを始めたけど、どうしたら良いのか分からない
  • 超初心者でも使いやすいWordPressテーマを探したい
  • お洒落なWEBサイトを失敗せず簡単に作りたい
  • SEO対策も収益化も可能なテーマがないか探している
  • 有料テーマ【JIN】について知りたい

 

スクール生HARU
スクール生HARU
WEB超初心者の私が、こちらのサイト作成で初めて利用した「JIN」。
実際の使い勝手もお伝えしていきます!

 

WordPressのテーマ【JIN】とは

画像引用:「JIN(ジン)」の特徴|アフィリエイトのノウハウが凝縮されたWordPressテーマ|JIN(ジン) (jin-theme.com)

コンセプト:
読む人も、書く人も すべてを考え抜いたデザイン。
真の使いやすさを追求したWPテーマ「JIN」

開発・作成者:「ひつじ」さん / 「赤石カズヤ」さん
「ひつじ」さんは月100万円以上収益のあるアフィリエイターとして有名で、【JIN】もアフィリエイトのノウハウが集約されたテーマとなっています。
「赤石カズヤ」さんはテーマ【ATLAS】を開発されたプログラマーです。

販売価格 14,800円(税込)
※購入ユーザーが持つ複数サイトに適用OK
決済方法
  • クレジットカード(VISA/Master/JCB/AMEX)
  • Vプリカ
動作環境
  • WordPress4.9以上
  • PHP ver7以上
  • Windows10/Mac OSX/Android7.11以上
  • IE11以上/Chrome64/safari11.0.3以上
販売元 CrossPiece

 

 

【JIN】のメリット

【JIN】は、上記でご紹介した有名アフィリエイターの「ひつじ」さんと、プログラマー「赤石カズヤ」さんの共同開発で、2人のノウハウが結集された収益性と使いやすさのバランスに優れたWordpressテーマとなっています。

  1. ダウンロードしたら簡単にすぐ使える
  2. お洒落なデザインかつ、デザインスキンの着せ替えが簡単
  3. 記事が書きやすいエディター/操作が簡単
  4. オリジナル機能が充実している
  5. 初心者に優しい内部SEO実装済
  6. 広告管理がしやすい・収益化機能搭載
  7. ややブログ向きのデザインであるが、企業サイトとしても使える
  8. マニュアルサイトがあり、かつ、購入者向けフォーラムから開発者に質問可能

せっかくWordPressをはじめようと思っても、初期設定が難しいことではじめの段階でつまずいてしまいますが、【JIN】では面倒かつ複雑な設定が不要で、すぐにサイトを使い始めることが出来ます。

また、【JIN】のテーマはやわらかめでお洒落なものが多く、どれを取っても簡単にあか抜けた雰囲気のWEBサイト構築が可能です。

デザインがイマイチなテーマでも、カスタマイズで調整することができますが、知識や技術が必要となるので、初心者が操作することでレイアウトや表示が崩れてしまいがち。カスタマイズにかかる時間や工数は大変なものです。
【JIN】では画像素材を挿入するだけで綺麗なサイト構築が可能です。

スクール生HARU
スクール生HARU
一般的にワードやエクセルを簡単に使う程度のパソコンスキルで、JINの操作に困ることはありません。
ヘッダーやサイドバーなどのデザインも1クリックで変更でるのも便利ポイントです。

テーマ別に、アプリのような存在の「プラグイン」をカスタマイズするのですが、【JIN】では「Customizer Export/Import」というプラグインを利用することで、デザインスキンを簡単に着せ替えることが可能です。

内部SEO対策としては

  • ページ階層を理解しやすい
  • 表示速度が速い
  • 読みごこちの良いデザイン
  • 役割を理解しやすいブログパーツ
  • アクションしたくなる仕組み(ピックアップ記事などで回遊率を上げる)

などがあります。

 

メリットの中で特筆すべきなのは、やはりインストールから簡単にお洒落で初心者にも使いやすいサイトを構築できるところでしょう。
インターネット上にも、WordPressで断念しそうになった方々が【JIN】を利用することでWEBサイト構築ができたという声が沢山上がっています。

多くの人が利用しているテーマのため、トラブル時にインターネット上の情報が多く、検索することで解決可能なこともメリットの1つです。

 

【JIN】のデメリット

  1. 人気テーマのため、他の人とデザインが被る可能性がある
  2. デザイン完成度が高く、詳細カスタマイズできる項目は少ない
  3. 最新のテーマよりプラグイン数が若干多い
  4. AMPに対応していない(有効化には別途コード設定が必要)

 

【JIN】は人気テーマであるが故に、他のサイトとデザインがかぶる可能性があります。
これは、実は私もWEBマーケティングスクールでドキッとした場面があります。

平均年齢も若く、向上心の高い素晴らしいスクール生が多い中、大分遅いペースで進んでいる私は、あまり他のスクール生さんのサイトを見ないように気を付けていました。
皆さんのデザインやセンスが良くて、見ているととつい寄ってしまいそうだったからです。

それでも、添削会などで印象深いサイトや好みの色使いなどは後からでも記憶に残っているのか、自分がオリジナルで考えたのか…後からでは分かりませんが
「あれ!私のサイト、よく見たら〇〇さんとそっくりになっている?!」とドッキリして、一度自分的に大きなデザイン変更をした経験があります。

 

しかしながら…デザインが気になってそればかりチェックしていては時間が足りません。
雰囲気が似ているとは言え、勿論発信者の一言一句、色、デザイン全て同じになることはないと割り切り、オリジナリティのある記事作成を目指すことが良策です。
これまでHTMLやCSS、プログラミングの本を見てクラクラした記憶から、テーマにより簡単にサイトを構築できたことで、利用する写真や記事で個性を出すこと、ある程度カバーチェックもしながらWEBマーケティングの学びに集中したいと思います。

 

プラグイン関係では、最新のものでは目次生成や高速化系プラグインが不要なテーマもありますが、【JIN】ではこの両方ともプラグインが必要となります。

また、AMP(Accelerated Mobile pages)Webページ表示高速化の対応がないため表示速度が少し遅めとなります。

勿論、デメリットはないに越したことはないのですが、現状これらのデメリットは初心者の運営にはあまり大きく影響ありません。

 

初心者がWordPressのテーマを選ぶときのポイント

仕様用途

「どんなWEBサイトを構築したいか」
WordPressでは、コーポレートサイト、オウンドメディア、アフィリエイト、ブログなど、様々な種類のサイト構築が可能です。

コーポレートサイトとして構築するときには、サービスや実績、求人コンテンツが必要となることが多いため、これらの機能が必要になります。

今回ご紹介している【JIN】は、ブログ・アフィリエイト分野で高評価の声が多いテーマです。
自分の目的に合った仕様用途を確認しましょう。

 

サポートやアップデートがあるか

初心者の場合、サポート体制がどうなっているか確認し、トラブルや困ったときにどのような解決方法があるかチェックしておきましょう。

WordPressも土台となるプログラム変更や不具合に対応しアップデートがされています。
長いことテーマが古いままで放置されているものはアップデート機能が使えません。
配信されているテーマのサイトを確認し、アッデート情報や新機能追加情報の確認が必要です。

テーマに不具合が生じたときに、カスタマーサポートの対応やメール問い合わせが可能か、必ずチェックしておきましょう。

 

SEO対策がされているか

インターネット上で上位に表示されるためには、SEO対策(検索エンジン最適化)が求められます。
タイトルにキーワードを入れる、画像にその内容を説明する「代替テキスト」を添えることで、検索ユーザーが求めている情報を提供しているサイトであることをGoogleに認識してもらうことが、今のSEOの基本となります。

検討中のテーマがSEO機能が備えられているか、SEO対策が可能か事前にチェックしておきましょう。

 

モバイルでの見え方

モバイルやパッドなど画面サイズやブラウザに応じてデザインが変更される仕組みのことをレスポンシブデザインと言います。

テーマがモバイル表示にも対応になっていないと、パソコンで見たときには良くてもスマホでは変なところで表が切れたりすることがあります。

スマホ社会の現代、WEBサイトはスマホで見ることを前提に。
モバイル対応していないテーマは避けましょう。

 

 

無料テーマと有料テーマ

無料テーマが初心者向けで有料テーマが上級者向けということはありません。
むしろ、逆です。

初心者こそ有料テーマ(使いやすくサービス化されている)という武器を持って挑むことで煩雑な設定に悩むことなく学びを進められ、目的にも早く到達することができます。
基本的には無料テーマの方が、カスタマイズにHTMLやCSSなどの知識が必要となることが多いです。
有料テーマを導入するメリットは、最初からデザインやレイアウトが完成されており、重要目的であるコンテンツ作成に集中できるということです。

 

時間に余裕のある方や、サイト運用の方向性が決まってない場合は、無料テーマにトライするのも良いかもしれません。
特に無料テーマ【Cocoon】はシンプルなデザインですが、無料テーマとは思えない内部SEOの工夫や広告管理、ランキング作成機能、豊富な記事装飾など、多機能性に高評価の声が多くあります。

有料テーマは試用ができないため、ご自身で決める時には、それぞれのテーマの情報ページやデモサイトを確認し検討することも大切です。

 

まとめ

超初心者がWordPressで有料テーマを考えるとき
簡単にお洒落なブログサイトの作成をスタートするなら【JIN】はおススメのテーマです!

使っていても複雑さがなく、アフィリエイトをしたくなったときにもバランスが取れた、初心者向けに最適なテーマだと感じています。

 

今はブログ記事の書き方をメインに勉強していますが、サイトデザインに一歩踏み込んだ、プラグインやカスタマイズについて勉強して、このサイトをもっと機能的に作りたいと思っています。
デザインも勉強したいし、知りたいことが沢山あります‼
サイトのカスタマイズで良いものがあったら、また紹介記事を書いていきたいと思います。
よろしければ、また覗きに来てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

HARU
HARU
いつもお疲れ様です