【1月目】重要基礎項目

【WEBマーケ初学者向け】WEBサイト開設に必要なサーバーとドメインについて分かりやすく解説

こんにちは!
心配性ママHARUです。

スクール生HARU
スクール生HARU
WEBマーケティングスクール・キークエストで1年間
副収入と1万人フォロワーアカウント作成スキル獲得のため勉強しています!

 

今回は、ホームページ開設やメールアドレス作成に必要な
“サーバー”と“ドメイン”について分かりやすくお伝えしたいと思います!

 

  • サーバーやドメインというワードを聞いたことはあるが結局よく分からない
  • 自分でホームぺージを作りたいけど、そもそもの仕組みが分からず不安
  • 初めてホームページを作る時に外さないポイントはある?
  • インターネットの基本を学びたい
  • とりあえずドメインを取ってみたけど、これでいいのか不安…

このような方に、お役に立てる内容となっております。

スクール生HARU
スクール生HARU
イメージで捉えると分かりやすいです!
早速一緒に見ていきましょう!

サーバーとは

サーバーは、WEBサイトなどのデータを保管し、私たちユーザーのリクエストに対して情報を返してくれる役割があります。

家で例えると、サーバーは「土地」、ドメインはインターネット上の「住所」、WEBサイトが土地の上に建てる「家」とイメージしてください。

※ドメイン(住所)がサーバー(土地)と紐づいていないと、WEBサイトにアクセスができません。
そのため、ドメインごとに、対応するサーバーを紐づける設定が必要です。

KUMA先生
KUMA先生
2つめのWEBサイトを作りたいときにも
忘れずにサーバーとドメインの紐づけの設定をしよう。

WEBサイト開設には、レンタルサーバーが便利で主流

WEBサイトの開設やメールアドレスを利用する目的とするサーバーの選択は、レンタルサーバーが主流で一般的です。

レンタルサーバーのメリットとしては3つあります。

  • 専門知識が不要
  • 初期投資や継続運用コストが安価
  • 運用や保守サポートが受けられる

自分でサーバーを準備することも不可能ではありませんが、専門知識と初期費用・運用に大きなコストがかかります。
初めてWEBサイトを開設するときには、簡単にサーバーを利用できる「レンタルサーバー」のサービスを利用しましょう。

超初心者におススメのレンタルサーバーは「Xサーバー」

WEBマーケティングスクールでブログサイト開設のためご案内され、自分自身で初めて使ったレンタルサーバーは「Xサーバー」です。

「Xサーバー」のメリット

  • 国内シェア率No.1
  • 通信速度、安定性が◎
  • 高負荷のアクセスにも耐えられる
  • サポート対応が早い
  • WordPressの導入が簡単
  • 利用者が多いため、分からないことを検索するとほとんどのことを解決できる
  • 導入部分で迷わず、マーケティングスキル習得に時間を充てられる

設定がとても簡単で、ホームページ作成で必ず聞くと言っても良い「Wordpress」の設定もサーバー導入と同時にされました!!

「Xサーバー」を利用することで、あっという間にWEBサイトが出来上がりました。

1クリックでWordPress導入できるXサーバーはこちら

 

複雑な知識が必要だと思っていたことから、勤務先でホームページ作成会社に丸投げしていた自社サイトも手順としては同様になっていると考えると、ここで大きな反省が生まれました…

スクール生HARU
スクール生HARU
反省点を次の項目でお伝えします!

WEBサイトを開設するときは自分でサーバーとドメインを取得することがポイント

勤務先で新しくサイトを開設するとき
お見積りを依頼したWEB制作会社さんからの神のような一言

「お好きな独自ドメインを教えていただければ、ホームページ(HP)作成、サーバーからお問い合わせメール設定まで丸々対応しますので、ご安心ください」

この言葉に安心して飛びつくように依頼したことを、今となっては反省しています。

何故かというと、結局HP作成会社さんもレンタルサーバーを利用しますし
自分でこんなに簡単に導入できるのであれば、本来ならドメインサーバーのIDもパスワードも自社で取得した上で、作成会社さんにHPを作ってもらうべきだったと思ったからです。

丸々依頼したときの価格は
個人事業のフリーランスの方ですと10万円~20万円。
作成会社さんに依頼すると幅はありますが30万円~200万円が相場となります。

ドメインサーバーのID、パスワードをはじめから全て共有してくださる会社さんもいらっしゃると思います。
また、はじめに開示はないものの、HP管理会社を変更したいときには必要な情報を全て提示してくださる会社さんも多いと思いますが
中には、IDとパスワードを開示してもらえず、せっかく高いお金を支払って作ったWEBサイトを閉鎖せざるを得ない状況になることもあります。

スクール生HARU
スクール生HARU
後々困ったことにならないように、ご自身でWEBサイトの開設ができるようにしましょう!

 

ドメインとは

ドメインとは、インターネット上のあなただけの「住所」のようなものです。
WEBサイトのアドレス(URL)やメールアドレスとして存在し
対応するサーバーの場所を示す役割があります。

ドメインの種類は2つ

  • 独自ドメイン…例)anatanonamae.com自分1人で利用するドメイン名で、文字列を自分で決められる。

ブランディングや集客を目的とした個人・企業サイトなど幅広い用途におすすめ

 

  • 共有ドメイン…例)○○○.ameblo.jp例はアメーバブログで提供されるドメイン名。複数人で共有して使うドメイン名でWEBサービスなどで利用者に提供されることが多い。文字列には、提供元が決めたものが含まれ、完全に自由にはできない

これからWEBサイトを開設するときに取得するのは、独自ドメインです。

ドメインは取得するのに料金がかかりますが、利用するサーバーが無料で提供する場合や特典で提供している場合があります。
私もサーバー新規契約と同時にドメインを取得しました。
詳しい方法は、ブログサイト制作記事でお伝えします。

初心者向けブログサイト開設手順 Xサーバードメイン取得・ワードプレスクイックスタート・JIN設定まで最短10分!こんにちは! 心配性ママHARUです。 今回は、初心者でも簡単にブログに適したWEBサイトを開設する方法をお伝えしま...

 

ドメインを取得する前事前に準備しておくこと3つ

  1. 取得するドメイン名を考えておきましょう
  2. ドメインの取得先を調べておきましょう
  3. 希望するドメインが既に使用されていないか確認しておきましょう

 

それぞれ解説します。

①取得するドメイン名を考えておきましょう

KUMA先生
KUMA先生
取得したドメイン名は、基本的にすぐには変更できないので、自分のサイトにどんなドメイン名が最適か考えておきましょう。

ドメイン名の考え方のポイント

 

  • 長く運用する前提でドメイン名を考える
  • 短く、覚えやすいものが◎
  • サイト内容がわかるようにすると◎
  • ブランド名・企業名・サイト名を入れると認識されやすい
  • 業種や仕事の内容、サイトのテーマに関連するキーワードを入れる
  • 数字を多用しない(不正行為に利用されているイメージがあるため)
  • 他社の商標や著作権に関わるドメイン名は避ける
  • 登記している企業のサイトなら、まず「.co.jp」を取得
    それ以外は「.jp」「.com」「.net」が信用性あり無難
  • 基本的にはすぐに変更できないものとして考える
    (ホームページを移管するタイミング等で変更できる可能性が有ります)

後からトラブルを生じやすいドメイン名は避けておくのが無難です。
一般的には「.jp」「.com」「.net」が多くの人が見慣れていて安心感があります。

最近は「.inc」を利用したり、東京でお店を持っている人では「.tokyo」を取得する方もいるようです。

 

スクール生HARU
スクール生HARU
それぞれのドメインで価格が若干違うので、取得するときに料金を確認しましょう。

 

②ドメインの取得先を調べておきましょう

先述した通り、ドメインは取得するのに料金がかかりますが、利用するサーバーが無料で提供する場合や特典で提供している場合があります。

「Xサーバー」では様々なキャンペーンがあり、私が申込をしたときは2つ目のドメイン取得は1円でした!

KUMA先生
KUMA先生
それ以外では「取得・更新料金が安い」「レンタルサーバーと同じ事業者」という基準で選ぶとトラブルがあったときに問題解決がスムーズです。

ドメイン取得サービスの選び方ポイント

  • 利用したいレンタルサーバーに「ドメイン取得」の特典がないか確認する
  • 取得したいドメインの取り扱いがあるか
  • ドメイン利用料のチェック
  • 自動更新やサポートなどのサービス内容が充実しているか
  • レンタルサーバーとの相性が良いか

※ドメイン(住所)がサーバー(土地)と紐づいていないと、WEBサイトにアクセスができません。
そのため、ドメインごとに、対応するサーバーを紐づける設定が必要です。

 

③希望するドメイン名が既に使用されていないか確認しておきましょう

私は「Xサーバー」でドメインをそのまま取得しました。
下のリンクから、先に希望するドメインが空いているか検索することができます。

空きドメイン検索 |  (xserver.ne.jp)

KUMA先生
KUMA先生
他のレンタルサーバーでもドメイン利用状況を検索できるページがあります。
ドメインの決定権は先に取得した順です!希望するドメインが取得可能かどうか確認してみましょう!
スクール生HARU
スクール生HARU
自分だけのドメインを考えるとワクワクしますね!

 

さいごに

ドメインはWEBサイトの開設やメールアドレスを使う上で無くてはならないものです!

長く運用して大切に使っていけるように、想定外のトラブルにならないよう基本を捉えておきましょう。

WEBサイトを自分で立ち上げられると、ドンと自信がつきます!
一緒に経験UPしていきましょう!

HAPPY BIRD
HAPPY BIRD
いつもお疲れ様です