【2-5月目】ブログ作成

WEBマーケティング初心者向け 【2023年版】SEOについての概要を解説

こんにちは!HARUです!

スクール生HARU
スクール生HARU
WEBマーケティングスクール・キークエストで1年間
副収入と1万人フォロワーアカウント作成スキル獲得のため勉強しています!

 

今回は、WEBマーケティング初心者向け、SEO対策とは何かを分かりやすく解説します。
WEBマーケティングをはじめると
「SEO対策してる?」「SEO意識した?」という会話が耳に入ってきます。

スクール生HARU
スクール生HARU
え、え、SEOってなに?

 

とならないためにも
今回はWEBマーケティングをしていく上で基本のSEO対策について概要をお伝えします。

 

SEO、難しそうに感じますよね。

広告代理運用にお金を払って任せる分野に思えますが、自分でも確実にできることがあります!まず自身で理解することで高額な広告代理費を払うことを避け、適正な広告運用をしていきましょう。

 

私はSEOを学び始めたとき、沢山の用語や方法をみて覚えないと!と頭がパンクしました。

SEOが苦手になりそうだったのですが、今なら1つずつ理解していけば大丈夫だとわかります。

スクール生HARU
スクール生HARU
今回は、SEOのおおまかなイメージを掴んでいただけるように解説していきますね。

 

 

SEOとは検索エンジンの上位にWEBサイトを表示する技術

SEOとは、検索エンジンを使ったマーケティングで
Googleなどにおいて自然検索結果(図でいうと緑のエリア)で自身のページが上位表示されるための技術です。

  • SEO対策
  • 検索エンジン最適化

も同じ意味で使われます。

SEO対策に効果が出ると、検索結果の上位にWEBサイトが表示されることが多くなり、ユーザーの認知機会が増えてアクセス数も増加します。

日本では『Google』と『Yahoo!』が検索エンジンとして有名ですが、『Yahoo!』の検索エンジンもGoogleのアルゴリズムが使用されているので、検索エンジンはGoogleの独占状態となっています。

検索エンジンには他にも種類がありますが

検索結果の上位に表示されるためには(SEO対策のためには)、圧倒的シェアを誇るGoogleのアルゴリズムの評価に従うことになります。

 

SEO対策の種類

SEO対策は大きくわけて2つあります

SEO対策の種類 対策の概要
1.内部対策
  • WEBサイトの情報量、わかりやすさ、質を上げる
  • サイトの利便性
  • 専門性の高い(人が書いた)サイトであること
  • サイト内ので移動があること(内部リンク構築と最適化)
  • オリジナル記事があること
  • クロールインデックスを促進させる
  • 過去の記事のメンテナンス(最新情報のアップデート)
  • ユーザーの検索ニーズに合ったキーワード最適化
  • ページエクスペリエンスの改善
2.外部対策
  • 関連性の高いサイトからの被リンク獲得
  • 口コミや評判など好意的な引用の獲得
  • SNSやプレスリリースなどの露出、情報発信

それぞれの対策方法については別の記事で詳しく解説します。

ここでは

  1. 内部対策
  2. 外部対策

の2つがあると覚えていてくださいね。

 

SEO内部対策の解説と方法

【初心者向けSEO内部対策】WEBサイト作成スタート時に知っておきたいポイントと対策を解説こんにちは!HARUです! 今回は、SEOの中でも「内部対策」について解説します。 SEOとは Googleな...

 

SEO外部対策の解説と方法

リンク

 

SEO対策の効果

SEOクラリティが公開した2021年11月の検索順位別クリック率データは下のようになっています。

Google検索機能 クリック率
検索順位1位 13.94%
検索順位2位 7.52%
検索順位3位 4.68%
検索順位4位 3.91%
検索順位5位 2.98%
検索順位6位 2.42%
検索順位7位 2.06%
検索順位8位 1.78%
検索順位9位 1.46%
検索順位10位 1.32%

引用元:2021CTR Research Study

業種によりクリック率は変わりますが、おおよそ1位と10位の差は10倍以上となります。
11位以下はクリック率がさらに下がり、20位以下はほぼ誰の目にも止まらずアクセスされない状況となります。

 

Googleが実現したいこと

Googleは

「ユーザーにとって本当に価値がある内容のサイト」

「ユーザーにとって分かりやすく使いやすいサイト」

を人々に提供したいと考えています。

 

Googleで検索をする人は、何かしらの疑問や課題を解決するために、検索をしますね。

「近くに美味しいパン屋さんはないかな?」
「暑い季節、楽に出来る美味しい料理はないかな?」
「子どもの反抗期にどう接したらよいだろう…」などなど

このような膨大な人間の悩みに対して、Googleは、ユーザーの疑問や課題を解決できる、有益な情報が掲載されているサイトを上位に表示したいと考えています。

ユーザーに、Googleが出した検索結果によって「疑問が課題が解決できた」と感じて欲しいのです。

そのため、ユーザーの疑問や悩みを解決できると判断したWEBサイトから上位に表示していきます。

つまり、SEOでは巨大なQ&Aシステムを理解し、検索ユーザーに良質なコンテンツを提供することが大切になります。

 

Google が掲げる 10 の事実 – Google (about.google)

 

 

SEO対策でやってはいけないこと

Googleはウェブマスター向けガイドラインで、ペナルティにつながる不正行為を明記しています。

例としては以下のようなものがあります。

  • リンク購入
  • 検索エンジン向けに特別なページを表示しるクローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキスト・隠しリンクの使用
  • 誘導ページの作成
  • コピーコンテンツの使用(他のサイトをコピーする)
  • キーワードの過剰な詰め込み

Googleのパンダアップデート・ペンギンアップデートにより、検索エンジンのアルゴリズムが大幅に改善されています。
現在、ガイドラインに沿わないSEOはペナルティの対象となり、検索結果から永久除外される可能性がありため、十分注意しましょう。

ユーザーに最大限の価値を提供することに努めるのが1番大事なことです。

 

 

2023年以降のSEO対策の傾向

AI機械学習の活用

人工知能(AI)や機械学習を活用することにより、効果的なキーワードリサーとやコンテンツ最適化が可能となります。
SEO戦略の運用を効率化することで、効果的な結果を生み出すこともできるでしょう。

Googleは、コンテンツがどのように制作されたかよりも、その品質に重点を置く指針を示しており、AI生成に関するガイダンスを公開しています。

AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス  |  Google 検索セントラル ブログ  |  Google for Developers

 

 

ボイスサーチ(音声検索最適化)の対応

音声検索の普及で、WEBサイトをボイスサーチ対応させることも重要になってくるでしょう。

 

動画コンテンツの活用

動画を通じた説明や案内をWEBページに組み込むことで、ユーザーの理解が深まり、ページ滞在時間が延びると、ユーザー体験が向上します。

結果、SEOパフォーマンスの向上が期待できます。
※ページ表示速度に気を付けましょう。

 

 

さいごに

今回は、SEOの大枠を説明しました。

SEO対策について1度に勉強しようとすると大変だった経験から
それぞれの対策については、別記事でじっくり解説していきます。

 

SEOで大切なことは、ユーザーファーストのコンテンツを作ることを第一に考え
Googleの掲げるビジョンも理解することです。

1つ1つゆっくり学んでいきましょう。

 

HARU
HARU
いつもお疲れ様です