【2-5月目】ブログ作成

40代からはじめるブログ 読まれるためのサイト設計と最初に書くべき2記事とは

こんにちは!HARUです!

スクール生HARU
スクール生HARU
WEBマーケティングスクール・キークエストで1年間
副収入と1万人フォロワーアカウント作成スキル獲得のため勉強しています!

 

今回は、ブログをスタートする方にお伝えしたい、継続して読まれるためのサイト設計と最初にかくへき記事について解説します。

 

ブログサイトを作りましょう!

と言われても

スクール生HARU
スクール生HARU
わたしには何の実績もスキルもないし
何を書いたらいいのかわからない!

このような方がほとんどです。
自分のブログサイトをどのように捉えて方向付けをしていけば良いのか、初学者の方にもわかりやすく解説します。

マーケティングスクールでブログで文章を書く練習をしているのには大きな理由があるので、最後まで読んでみてくださいね。

 

本記事はこのような方におススメです
  • ブログサイトを立ち上げたけれど何を書いたらよいかわからない
  • ブログの運用の仕方がわからない
  • 今からブログを書く意味を知りたい

 

ブログスタート時に知りたいサイト設計の考え方

ブログサイト全体を「大きな木」と捉えてみましょう。
自分の想いが根底にあり(=根)、コンセプト(木の幹)としてどのような未来を提供したいかを決め、読み手であるペルソナの1つ1つの悩みや課題を記事で解決していきます。

KUMA先生
KUMA先生
大きな木が、読み手にとっての理想世界となるようなサイト設計を考えます。

ブログサイトの設計で1番のポイントは
「誰にどんな未来を届けるか」です。

誰に=ペルソナ
どんな未来を届けるか=サイトコンセプト

ペルソナとは、ブログで言えば
「自分のブログをみてくれることを想定する、たった一人」が対象です。

 

スクール生HARU
スクール生HARU
まずは、ブログ全体が大きな木であること。
つまり「大きな木を作ることは、読み手の理想未来をつくること」
と覚えていてください!

ターゲット層を考える

年齢や年収などを少し幅を持たせて設定しましょう。
例を挙げてみますね。

年齢 : 35歳から45歳
性別 : 女性
年収 : 450~550万円
貯金額: 200~300万円
仕事 : 会社員営業職
結婚 : 既婚
子ども: 2人
趣味 : 映画鑑賞
性格 : 仕事でも家庭でも縁の下の力持ちとして動く。友達の相談はよく受けるが、自分の相談はなかなか素直に言えない。
悩み : 子どもの学費などお金がかかる年になってきたが、年収は増えず、日本の景気にも不安を感じ、将来、安心して生活できるのか不安。両親の介護の問題も出てくる。
理想の未来:お金の心配をすることなく、子どものやりたいことを応援できる。

ペルソナを設定する

ターゲット層のイメージから、ブログを読んでくれるたった一人を作ります。
発信する内容が自分と同世代だったり同じ環境にの人に向けている場合
「今の自分」「過去の自分」を想定すると分かりやすいでしょう。

自分でなくとも、年や環境が似ている「友人」もおススメです。

KUMA先生
KUMA先生
全く想像できない人物像にすると、ペルソナが抱える感情や悩みを明確に想定できないからね。

ペルソナの例
年齢 : 41歳
性別 : 女性
名前 : 笹川 優実
年収 : 500万円
貯金額: 250万円
仕事 : 中小企業の営業職
結婚 : 既婚
子ども: 2人
趣味 : 映画鑑賞、給料日にデパ地下スイーツやお取り寄せスイーツを食べること
性格 : 仕事でも家庭でも縁の下の力持ちとして動く。友達の相談はよく受けるが、自分の相談はなかなか素直に言えない。モヤモヤして疲れてしまうことも多くなってきた。
悩み : 子どもの学費などお金がかかる年になってきたが、年収は増えず、日本の景気にも不安を感じ、将来、安心して生活できるのか不安。両親の介護問題と、なかなか聞けない経済状況。
理想の未来:お金の心配をすることなく、子どものやりたいことを応援できる。自分も自由に働くスキルを身に付けたい。そのため、WEBマーケティングのスキルを身に付けて1年後には副収入として月10万円を増やす。

ここで、ペルソナの悩みを100個書き出します。
リスト形式でもマインドツリーでも構いません。

HARU
HARU
これは、今後の記事作りの時の話題に繋がり、長く続けられるブログサイトにするためにとても重要なポイントです!

悩みのジャンルは下の9つがおススメです。

  1. お金の悩み
  2. 仕事の悩み
  3. 恋愛の悩み
  4. 夫婦の悩み
  5. 友人関係の悩み
  6. 家族との人間関係の悩み
  7. 健康の悩み
  8. 美容の悩み
  9. 趣味の悩み

ペルソナの人生に寄り添う気持ちで、ペルソナの悩みをトータル的に理解できるように悩みを書き出します。

はじめは書き出しが進みませんが、日常見ないようにしている悩みは意外にも沢山あって、書ききれないくらい出てくることもあります。

40代で結婚していて子どもがいる場合
・子どもの学費
・自分と夫の健康状態
・いつまで健康に働けるか
・親の介護問題
・体力の衰え…
などが挙げられるのではないでしょうか。

どんどん書き出して、その悩みを解決できるコンテンツを作りましょう!

 

ブログサイト最初の2記事はプロフィールとコンセプト

プロフィール記事の書き方

ブログサイトに来てくれた人が
「このブログはどんな人が書いたのかな?」と思ったときに訪れるページです。

自己紹介、このブログサイトを立ち上げるまでの経緯や、人生で苦労したことや嬉しかったことを自分の言葉で素直に書いてOKです。

ペルソナが自分に近い世代や環境だった場合、親近感をもって継続してブログを読んでくれるようになるでしょう。

ここでスラスラと自己紹介ができる人もいれば
自分のことをさらけ出すのも恥ずかしさがあったり、どんなプロフィールを書けば良いのか悩む方もいると思います。
(私は完全に後者でした)

別の記事で人生ストーリーの書き方を紹介しているので、良かったらチェックしてくださいね。

プロフィール記事を魅力的に!読み手の心をつかむストーリーライティング【ヒーローズ・ジャーニー】の書き方を解説こんにちは!HARUです! 今回は、プロフィール記事を魅力的にするストーリーライティング【ヒーローズ・ジャーニー】...

 

コンセプト記事の書き方

ペルソナの悩みを100個洗い出せたところで

「誰に」「どんな未来を届けたいのか」という

ペルソナにとっての究極の理想をコンセプトにしましょう。

読み手にとって有益であり、成果が出やすいのは下の2つです。

有益なブログ2つ
  • 権威性がある人や、実績のある人の専門性が高い有益情報のブログ
  • スキルゼロから1に向かう成功プロセスを見せていくブログ

 

ブログのコンセプトを決めると方向性がブレにくく
「何のために書いているのか」と目的を見失ってしまうことがなくなります。

 

このブログサイトでは

将来に不安を感じるママに

WEBマーケティングの経験もスキルもゼロスタートで
・1年後に月10万円の副収入
・人を応援できるよう1万人フォロワーアカウントを作るスキルを身に付ける
未来を届ける。

をコンセプトにしています。

 

【需要のないジャンル】
※WEBマーケティングスクールでは禁止

  • 雑記ブログ…有益性がなく散らかりやすい
  • 日記ブログ…芸能人の日常以外価値がない
  • ポエムブログ…頭の中のものを書き出して気持ちよくなっても読み手に有益性がない

読み手にとって有益な情報を届けるために
「誰に」「どんな未来を届けたいのか」を徹底的に意識しましょう。

 

ブログを書くことでビジネス・動画・SNSにも応用できる

WEBマーケティングスクールでブログサイトを作ると聞いた時
「随分前に流行ったことを今なぜ…」
と思いました。

しかし、人気動画は多くのテクニックが使われた文章・台本が基盤となって作られています。

他の記事で紹介している【PREP法】【QUESTフォーミュラ】【GDTの法則】【インサイト】の使い方をとことん練習して落とし込み、ライティングスキルを上げることで他のプラットフォームで幅広く活用できるようになるでしょう。

 

ペルソナの設定もご紹介したブログサイト作成と同様に行われますし、記事の内容を考えるときのリサーチスキルも後々役に立ちます。

なかなかはじめは大変なことかもしれませんが、焦らず楽しみながら続けていくのがコツです。

 

ライティングスキルUPの秘訣③子どもへの説明にも有効!説得力を高めて相手にわかりやすく伝える【PREP法】とは?こんにちは! 心配性ママHARUです! 今回は、ライティングスキルUPの秘訣③として 【PREP(プレップ)法】につい...
ライティングスキルUPの秘訣④相手と感情を共有し行動につなげられる【共感ライティング】を書けるようになろうこんにちは! 心配性ママHARUです! 今回は、ライティングスキルUPの秘訣④として 【共感ライティング】につ...

さいごに

ブログサイトを立ち上げて、何を書いたら良いか迷っているかたは

まずブログサイトのコンセプトを決めて
是非、プロフィール記事とコンセプト記事から書いてみてくださいね。

日常で有益な情報を見つけたときも、読みに来てくれる人に向けた
方向性のある発信を継続できるはずです。

 

HARU
HARU
いつもお疲れ様です